農家ランナーの報告書

和歌山県みなべ町で農機具shopアグリズの支援を受けながらトラックから100kmまでを目指したランニング活動中。本業は、特別栽培の南高梅と有機JASの柑橘を栽培→加工→販売を行う六次産業農家。力の源は田畑から!

DSC02782

DSC02783

DSC02784


前回2006年の時は広範囲にわたり被害がありましたが、当農園は最小限でとどまったように記憶しています。
昨夜、、、外出中だったのですが地面が白くなるほどの降雹があったと聴いたものの、それほど深刻ではなかろうと思っていました。

「全滅やぞ!」

近所の仲間から電話があり、まず向かったのは一番近い田んぼ転換園地。
予想の範囲内だったのでほっと一安心して、もう一か所、、、一番生産量が高い園地へ。
それが上記3枚の画像。

うん、全滅ですね。

団体旅行で久しぶりに冬の北海道。
1日フリーなので、マイルを使って一人で流氷アザラシに会いに行ってきたよ!

3月に入ると流氷は行ったり来たりでかなりリスキーだけど、2月のハイシーズンはこちらも観梅で忙しいのでワンチャンものにしたい!と、意気込んでみたものの、、、

10347244_976990482379348_4169033913258103072_n
今年は暖冬で初接岸もかなり遅く、3月上旬の南風で北の方へ帰ったまま、、、数日前から寒波が戻ってきていたけど時すでに遅かったようで。
まだ少しの希望を抱いて11時の船を予約。
EQ7A0445
お天気最高で、定刻通り女満別空港へ。眼下に見えるのは大雪山系。
続きを読む

なぜゴールギリギリの電車なんか予約するん。
A1.モチベーションアップの為←効果あった
A2.それしかなかったから←?

KTRと言えば、、、、?
くろまつ あかまつ あおまつ
さて?なんでしょう。

続きを読む

さて、スタートはやや早めの4:30
3:00過ぎに会場入りしたら、今年の梅林でKBS京都ラジオの取材でお店に来て下さった名物キャスター「わかちゃん」が座ってたのでご挨拶。ツーショット写真撮り忘れたのが悔やまれる。

ウオーミングアップも特にしないので、時間がたっぷり有り過ぎて眠くなるがそれ以上に帰りの電車を14:58発ですでに予約済みというプレッシャーで程よい緊張も。
今回は5年前のリベンジだけでなく、来月の四万十に向けての調整と言う事もあるので無理はせず距離に慣れる為のレース。何しろ過去の経験と言えば村岡と四万十2回のみ。昨年は走ってないから、2年ぶり4回目の100kmである。

スタートライン3列目くらいに並ぶと、見たことのある強豪選手がそこかしこに。
ナンバーカードは申告タイム順らしく、自分はなんて書いたのか忘れたけれどどうやら36番目らしい(笑)
まあ、最低9時間(これ以上遅れると電車が、、、)切ればそれくらいかな?
出来れば8時間切って来月へ弾みをつけたいところ。
それには、、、とにかく後半に備えて前半は遅すぎても良いくらいのペースで、、、、ね?

さて、カウントダウンが始まって、号砲。
暗闇の中に飛び出していきます。

車のライトに照らされて、2人ハイペースで突っ込んでいる模様。
ザックを背負って特徴的な2連覇(&7時間切り)を狙う王者は目の前に。
とりあえずは、ウォーミングアップですな。

ここでおもむろにコース図を。
coursemap-0909
24時間テレビのマラソンをサポートしている事で有名なあの坂本さん曰く「峠一つ越えてペースアップする人が多いですが、30kmまではアップのつもりで我慢しましょう。」
自分としては10kmまでアップ、45km辺りまで巡航してその先が勝負かな?という作戦。

気温は良いし、風もちょうど心地よいしフワーッとした感じで峠を走る。
5km通過22:27
登りながら暗闇の中に奇跡的に看板を発見した。
ちょうど4:30ペースだと確認できて一安心。

身体も動くようになってきて、、、、
あれ?前からポロポロ落ちてきたな。
だけど、王者はさすかに軽快な登りでぐいぐい行きますなー。
で峠通過、下りに入る。
妙にセーブしても意味ないので、気持ちよく下ろう!
→すぐに前の集団に追いつく。
→やや遅いので気持ちよくない。
→前に出て、王者の心理を揺さぶってみる遊び(笑)

→→誰もついてこない!!!!

→→→しかも、最初に先頭を走っていたはずの2人が居ない!

俺が先頭?続きを読む

自分の中で、丹後100kmは5年前から続いています。

初めて挑戦したウルトラマラソン。
フルも人生で2回しか走った事が無かったのに50kmも60kmもすっ飛ばして100kmにエントリー。
このコース最難関とされる60-70kmの碇高原で敗れ去りました。
と、言うよりも練習なんてしてないんだから、長距離に慣れていない膝がただただ痛かった。

翌年には「村岡」という更なる難関を自らに課してうっぷんを晴らしたわけですが、やはり借りは借りた場所で返さないと!

と言うわけで前置きが長くなりましたが、京丹後へ行ってまいりました。

金曜日に出張が有ったので、京都泊からスタート。
IMG_0036

イヤー便利な世の中になった物ですなぁ。
会場の網野市にはKTR(京都丹後鉄道)と言う単線一両の鉄道の駅にあるのですが、今はJRが乗り入れしているらしく、特急1本でたどり着けます!
が、そこは大型連休&大会会場行きとあって、1週間前にチケット手配した時にはすでに指定席は売切れ。
3時間、意地でも座りたい(駅弁食べたりのんびりしたい)ので1時間前からホームで並ぶ。
自由席の1人掛け座席を発見し、悠々と着座。ほどなく車内は満席になりました。続きを読む

朝、3:45 みなべ出発。

ジェットスター早朝便にて新千歳入り。
とりあえず空港でうどんをすすり、、、

小樽直行。
20150901154511_p60

20150901154511_p61

グルメ旅かっ!

いいえ、マラソンです。

続きを読む

恒例、富士登山競走。
11700867_866675826744148_3932666359852700907_n
にこやかにゴールしておりますが、、、、
昨年よりも30分以上遅い。
ゴール制限時間の4:30が迫る中、過去最低記録でした。
IMG_2810

理由は明白。
昨年12月の福岡国際以降、ほとんどまともに練習をしていなかった事が要因でしょう。
通年、5-6月はほとんど何もできませんが、4月までにしっかり練習しておくことで7月に入ってからの走力の取戻しに大きな差が出る、と言う事が明確に裏打ちされました。
薄々は気づいていたのです。
が、走れば何とかなるだろう!と言う思いもあった。
7月の練習もそれなりの質をこなせていたので。

過ぎたことは仕方がありません。
次に向けて前進です。

そう、、、次。
夜叉ヶ池ウルトラマラニック
何を思ったか?いや、怠けた体にカツを入れる為!
2日間にわたる修行を科しました。


本年の記録はまだの様ですが、間もなく写真も含めて公開されるでしょう。


続きを読む

さてさて、今年から稲作を始めた私と対極で長年コメ作りをしてきた近所の方が「なぜかここ2−3年成績が悪くてな、、、休むんや」と「休作」宣言されました。
で、思い出したのがウチの倉庫で眠っている(笑)プラソイラ。
ただでさえ山間地域なのに、今はもう大半が埋め立てられて果樹が植わったりパイプハウスが立ったりして田んぼが無いので出番が全くない、、、(T_T)

確かに耕盤を破壊するだけなら、今流行で主流になりつつある緑肥栽培でも可能だとは思いますが、実際7年前に自分の田を起こした時は床土の上に酷い粘土層が形成されていました。
祖父曰く、牛に鋤を引かせて耕していた時は床土(赤土)に鋤の底面を合わせて引いていたが、そんな粘土なんか無かったぞ?との事。
ロータリー耕の弊害は確実にあるんです!

とりあえず、この層を何とかしませんか?
24d86bc1
とまでは強く言わなかったけど、提案はさせてもらいました。

水田埋め立て後に果樹にした場合も、毎年ソイラを入れることによって根が深く張り干ばつに強くなるのはウチの畑で実践済み。

今朝から地区の水引きが始まり、溜め池の樋(ひ)が放たれました。
用水路が水で溢れ、乾いた田が水田に変わっていきます。
IMG_2532

お隣さんはもう満水なので、次はウチの番ですが、、、、

田植えはまだ10日以上先。。。
IMG_2531

就農して初めての稲作り。
育苗は今のところ大きな問題はなさそうです。

もち米なんですけどね(笑)

56位→35位→61位

まだまだ!

全日本マラソンランキング記録証---RUNNET

↑このページのトップヘ