農家ランナーの報告書

和歌山県みなべ町で農機具shopアグリズの支援を受けながらトラックから100kmまでを目指したランニング活動中。本業は、特別栽培の南高梅と有機JASの柑橘を栽培→加工→販売を行う六次産業農家。力の源は田畑から!

カテゴリ: 農業


2年ぶり富士登山競走からの、、、
野沢温泉村でゲレンデ直滑降のレースを終えて、さあ、梅だ!土用干しだ!
と、行きたいところですが。。。
昨年の台風16号で半倒壊したパイプハウスを修繕しなくては!
当地方は今年に入ってからも記録的な積雪や、突発的な竜巻とみられる風害で相当な数のパイプハウスが被害を受けており、資材屋さんは大忙し。
土壇場で発注しても、予約が一杯で10月になると、、、(⌒-⌒; )
となれば、
自力でやるしかない!
妻と2人でコツコツ直す事にしました。
パイプをアーチ状に曲げるのは知人作の治具を使わせて貰って「人力で」クイッと曲げます。意外と簡単?
あとは見よう見まね?で、しかし時間的にも体力的にも余裕がないため、目分量で進めちゃいます。多少凸凹に歪んでも機能を満たしていれば良し!
途中、台風5号が来たり色々あって10日ほど掛かってしまいましたが何とか完成!本日より、ようやく土用干しを開始しました。
やっと夏らしくなって来た〜(笑)
ついでに費用も数分の一で済んだので、年間遠征費用くらいは浮きました\(^o^)/

昨年は当農園のほぼ100%が雹害に見舞われ、被害率90%以上の大災害でした。
今年は産地全体で大凶作と言う話が出ていますが、この園地は日当たり良くて風があまり吹かない環境なので良く実をつけてくれています。
ただ、降雨後に空気が澱み、ここ数年は周辺園地も含めて病害罹患率が高く、秀品率が非常に低かったのです。

そこで今年は一念発起!
スプリンクラーを設置しました。
助成事業とは言え、数百万円の出資は昨年被災した状況から捻出するのは困難でしたが未来を見据えた投資(融資)です。
散布量は手散布の頃に比べて20%ほど増えましたが、効率的な防除が可能なので今後の発病状況を観察しながら段階的に薬剤の見直しと回数削減を進める予定です。

「米作りなんて趣味の世界だ!」

ぶっちゃけ機械代などを考える栽培面積の少ない当地方では採算など採れるはずもなく、ただ農地を守るためと自分で作ったコメが食べたいというだけの、本当に趣味の域を出ないのが現状ですが、、、


コンバイン買っちゃいました(笑)
ファイル_000
はるばる長野県の野沢温泉まで、1300kmの弾丸買取りツアーです。


続きを読む

image

かぼちゃの苗を植えました。

image

無施肥で放置します。


あんどん栽培


果樹作専業の農家はさて置き、野菜もやってるとGWは収穫や後片づけ、次の作付けに稲作準備も重なって多忙な農繁期。
image

今年はこの時期に収穫で忙しい豆類の栽培を減らして、久しぶりにサツマイモの作付けを行う事にしました。
この春の順調な降雨で果樹類は元気良く新緑に染まっていますが、、、畑は水が溜まりっぱなしの為、中々耕運できない状況。
それでも、今年借りた園地は当初梅を植えようと、重機で大きな畝を2つ作っており何とかなるかな?と言う感じです。
曲がっているのが苦労の跡(笑)

image

先月に届いた芋苗をどう保管するか、、、と考えてたら閃きました。
イモはイモツボへ。
地温の安定力には感服します。
image

ちょー元気苗!
取り敢えず、リハビリを兼ねて2000本。

DSC02782

DSC02783

DSC02784


前回2006年の時は広範囲にわたり被害がありましたが、当農園は最小限でとどまったように記憶しています。
昨夜、、、外出中だったのですが地面が白くなるほどの降雹があったと聴いたものの、それほど深刻ではなかろうと思っていました。

「全滅やぞ!」

近所の仲間から電話があり、まず向かったのは一番近い田んぼ転換園地。
予想の範囲内だったのでほっと一安心して、もう一か所、、、一番生産量が高い園地へ。
それが上記3枚の画像。

うん、全滅ですね。

さてさて、今年から稲作を始めた私と対極で長年コメ作りをしてきた近所の方が「なぜかここ2−3年成績が悪くてな、、、休むんや」と「休作」宣言されました。
で、思い出したのがウチの倉庫で眠っている(笑)プラソイラ。
ただでさえ山間地域なのに、今はもう大半が埋め立てられて果樹が植わったりパイプハウスが立ったりして田んぼが無いので出番が全くない、、、(T_T)

確かに耕盤を破壊するだけなら、今流行で主流になりつつある緑肥栽培でも可能だとは思いますが、実際7年前に自分の田を起こした時は床土の上に酷い粘土層が形成されていました。
祖父曰く、牛に鋤を引かせて耕していた時は床土(赤土)に鋤の底面を合わせて引いていたが、そんな粘土なんか無かったぞ?との事。
ロータリー耕の弊害は確実にあるんです!

とりあえず、この層を何とかしませんか?
24d86bc1
とまでは強く言わなかったけど、提案はさせてもらいました。

水田埋め立て後に果樹にした場合も、毎年ソイラを入れることによって根が深く張り干ばつに強くなるのはウチの畑で実践済み。

今朝から地区の水引きが始まり、溜め池の樋(ひ)が放たれました。
用水路が水で溢れ、乾いた田が水田に変わっていきます。
IMG_2532

お隣さんはもう満水なので、次はウチの番ですが、、、、

田植えはまだ10日以上先。。。
IMG_2531

就農して初めての稲作り。
育苗は今のところ大きな問題はなさそうです。

もち米なんですけどね(笑)

昨年のカメムシ大被害に続き、、、


2014-11-29-09-50-45

2014-11-29-09-50-54


今年は鳥害で大変な事に。。。

美味しい物から順番に食されております。
丸々と太った、メジロ、ヒヨ、ハト、カラスが悠々と。

image

冬なのに花火で遊びます。

昨日は、、、春の陽気に誘われて、、、、しっかりと遊んだので。
本日は小雨ながら



絶好の苗植え日和!
2014-03-20-10-30-27



晴耕雨読?何それ楽しいの?

↑このページのトップヘ