農家ランナーの報告書

和歌山県みなべ町で農機具shopアグリズの支援を受けながらトラックから100kmまでを目指したランニング活動中。本業は、特別栽培の南高梅と有機JASの柑橘を栽培→加工→販売を行う六次産業農家。力の源は田畑から!

カテゴリ: 園芸・菜園

image

かぼちゃの苗を植えました。

image

無施肥で放置します。


あんどん栽培

昼下がり、庭を歩いていたら梅畑でお隣さんが座りこんで

「ちょっとおいでー」

と手招きしてる。


なにしてるんだろ、、、?

IMG_0065


良く見えない?続きを読む

その昔、我が家には大小5枚の水田があり、4~5歳頃に畦を歩きながら指示を出す父に従ってコンバインを操作して稲刈りをした事がある。
それが唯一、私の稲作の記憶です。

30年の時が流れて、そのほとんどが埋め立てられて梅畑になり、自宅や倉庫が建ち、たった一枚残った田は野菜作りの本拠地となった。
専業農家として、稲作の基本すら知らない事は自分なりに少しばかりのコンプレックスでもあり、いつか克服しなければと言う思いも強くあった。
そんなおり、とある記事に目が釘付けになり、これなら出来るかも!と思って始めたのが、これ!

通称、バケツ稲。
すぐ出来て、費用もかからない。
昨今は疎植がトレンドなのは知っていたので、1本植えでどこまで収量を伸ばせるか?と言う雑誌の企画も興味を引いたのは言うまでもない。

幼稚園児もペットボトルで挑戦だー!


今回は友人から余った苗を頂いて来たけれど、来年は種モミから育てたいですねー。

レア、、、と言っても割と何処にでもある物なのですが、滅多に販売される事のない野菜。


葉ニンニクです。
ニンニクの芽、ではなくて葉の部分です。
良いニンニクに育ちそうにない、屑種を蒔いて作ることが多いのですが、ワザワザそれをする農家が少ない。のと、ニンニク(営利)栽培がメジャーではない当地方ではニンニク種子は購入するので、そんな勿体ない事出来ません。
我が家はホワイト6片を栽培しているので、「芽」が出ません。
しかし、稀に1片植えたはずの場所から葉が2本立ち上がってしまう事があります。
それを間引いた物がコレ、なんです。
調理すると、後に引かないマイルドな香りとシャキシャキした食感が楽しめます。
どこかで見かけた折りには“即買い“間違いなし!



とりあえず、スダチとカボスのみ並べました。
あと少ししたらサツマイモも並べる予定。
ニラも沢山あるけど、面倒なので却下。
これから冬に向けて少しずつ品目が増えていく予定です。

梅の天日干し作業が終わり、ダラダラと過ごしていますw
いやね、こんなに早く終わるのは史上初なので、やはりその分無理もしていたわけで、細かい作業をチョコチョコこなしつつ休養しているところです。
でも、そろそろ動かないとせっかく作った時間が無駄になるので、スイッチ入れないと!

1000Lぐらいのタンクは全部高圧洗浄機で綺麗にして天日干し。
ジャパネットタカタとかで売ってる、ケルヒャーとかのアレと同じです。



コチラは3日前に蒔いた冬野菜の様子


白菜が真っ先に発芽して可愛い双葉を展葉中

タマネギの播種が少し遅れ気味ですが、明日か明後日には!

パイナップルがわき芽フィーバー中。

こちらは収穫した後の、我が家で一番古い株。
わき芽は切り取って挿し木するらしいのですが、、、勇気がありませんので放任。
とりあえず自然任せで観察しようと思います。



この株は今年花芽が上がりそうな予感がしていたのですが、わ、わき芽が2つ!?
で、真ん中がどうも様子が変なので覗いてみたらゾウムシっぽいヤツが、、、まさか?



これは最近挿した株。


美味しかったからと増殖を頼まれたのは良いのだけれど、真ん中の葉がない。
まぁ、色も良いし元気そうだから大丈夫かな?と思って挿してみた。
今日覗いたら、溜まった水の奥で確かに新芽が動いていたのでイケるかも?
右のはシャレで挿してますw

ジャボチカバがついに!花を咲かせました。
近況 6

こんな感じで太い幹にツボミをつけます


大きい鉢に植えると花をつけにくいから、かなり小さめの鉢に植えると良い・・・という噂がありましたが、我が家のジャボチカバはバナナ用の特大100L鉢。県内に地植えで収穫している事例を知っていたので根域はあまり関係ないと判断しました。それよりも、ある程度幹が太くなったら剪定して光を当てる事が大事みたいですね。
ガサゴソと写真を撮っていたら・・・

結実果を発見!楽しみー!

枯れた後、わっさわっさ芽吹きだしたバナナマン。
鉢植えは面白くなくなってきたので、暖かい園地を選んで地植えしてやろうと思います。



パインの向こうに見えるのは・・・。




オマケ

テキトーだったわりには良いのが出来たんですが、市場価格が恐ろしいくらい安いの(;´Д`)
で、むきむきして産直市場に出すと飛ぶように売れてます。
そして、肩がこります。
早朝から剥いて持っていくので寝不足です。
かなり燃え尽き症候群なのですが、いよいよ本丸「梅の収穫」が!

逃げ出したい気持ちで一杯です♥

タマネギの苗植えも何とか終了。
ちょっぴり遅れていたウスイエンドウの播種も若干の計画変更を加えて、ギリギリの日程で終了。
梅干し作業はあと少し残っていますが、気温も下がりつつあるので今年は寒いと言う冬の到来に備えて南国植物をハウス内に移動しました。

すでに移動済みのパインちゃんは順調に肥大中。
冬支度 2


この夏、抑制栽培(と言うより、世話しなかったw)でほとんど成長しなかったバナナさん達。
冬支度 5
ちょこっと剪定しました。
本格的に寒くなる前にもう一度切り込みます。

中々色が着かないパパイヤン〜(*‘ω‘ *)
冬支度 3
今年中にモノになるんだろうか?ってか、
これ、青切り品種だったけ?汗

こちらは甘いらしいパパイヤん。
冬支度 4
種まき後、一度植え替えただけで放置してたからとんでもない事に・・・。
けなげに蕾も着いているので、来年は楽しいかも。

で、お引越し終了後は春に「一粒50円」もした野菜の種取り!
冬支度 1
種を売りたいくらいとれた。
早速発芽試験だけしておこう。

もう結構な年数が立ちまして、定番&マンネリ化してきた幼稚園児のサツマイモ掘りですが、それは私個人の話。子供たちはいつだって全力投入です!
で、そのマンネリを打破する提案があったので。
園児の芋堀 5
子供って火遊び好きだモンね。
ちょっと天気が良すぎて、暖をとるどころか暑いっす。

目的は・・・やっぱこれでしょう!
園児の芋堀 4
うはうはうあh

ワイワイガヤガヤ。
園児の芋堀 2


1本だけ混入してた「大当り」パープルスイートロード
園児の芋堀 1

「うわーすげー!」「見して見して!」「フハフハうめー!」
という歓声は・・・まったく無く。。。
当たった少女もチョット風邪気味で。
興味津々の園長が、半分食べましたw

園児より大人の方が楽しんだという・・・

↑このページのトップヘ